アフターランチはハブアナップブログ

笹島がスカラレ・エンゼルフィッシュ

大人になって歯並びが悪くなってきたので矯正治療をしたら、しばらくすると体の具合がおかしくなってしまったんです。矯正をしてから日も浅かったため、まさか歯科矯正のせいだとは全く気づきませんでした。病院にいったところもともと、自分の歯の噛み合わせが特徴あるタイプだったそうで、歯科矯正によって噛み合わせがずれると頭痛や肩こりとといった症状が出てしまうそうです。歯科矯正の際にこうしたリスクをきちんと説明すべきだと思います。最新の医療技術をもってしても、歯科矯正には痛みが伴います。一瞬だけの痛みと、ずっと続く痛みとがあります。瞬間的な痛みの方が、その時の苦痛としては強いですが、継続的な痛みというのも、それはそれで精神的に参るものがあります。歯を動かしていくたびに少しずつ生じる痛みや、口腔内の粘膜に矯正器具が干渉して、小さな傷が飲み物などで沁みたりします。一年以上も続くこの痛みに堪えなければ矯正はできませんから、そういうことに弱い人には、歯科医院でも歯列矯正の利用はお勧めしていません。歯科でも自宅でもできるホワイトニング。これを利用すると、僅かな期間で歯を真っ白にすることができます。但し、その効果が永続するものではないということは注意しておきましょう。しばらくは白い歯を維持できますが、一時的に歯の表面を白くしただけで、歯の性質、それに患者さんの生活習慣は変わらないわけですから、少しずつではありますが、またヤニや黄ばみは付着していきます。ちなみに、歯列を矯正する歯科矯正でしたら、矯正後にまた歯並びが悪くなってしまう可能性は考慮に入れなくてもいいでしょう。子供の矯正治療の話ですが、ふたりの娘たちに歯科矯正を受けさせたことがあります。矯正治療は費用が高い印象ですが、実費としては上の娘が約80万、もう一人の子は治療本数の関係で、60万円いかない程度の値段でした。世間では70万から100万ほどかかるのが一般的だと言われますし、私自身も矯正治療をしており、口元が整っていると全体的に容姿が良く見えると十分理解してましたから、多少費用が掛かると言っても満足いく結果になりました。悪い歯並びは早めに直さなければならないとか、矯正は子供の内に済ませておくのがセオリーだから、と言われて焦って歯科矯正に手を出してしまうことはお勧めできません。歯医者さんが勧めてくることも多いので、いいことかと思いがちですが、成長期の途上にある子供の場合、まだ矯正など必要ないという場合もあるのです。しきりに歯科で勧めてくる場合、矯正が必要な根拠の説明を求めることで、冷静な判断ができるでしょう。歯科治療の意外な副作用として割と耳にするのが、肩こりが歯科矯正で治ったという、一見すると冗談のような話なのです。実はこれには根拠があります。顎の骨は頭蓋骨と繋がっており、歯列の僅かな歪みが首から肩へと伝わり、結果、肩こりを誘発してしまうのです。普段から運動しているのになぜか肩こりになるという方で、恐らく歯並びが理由だろうと心当たりの方は、矯正歯科の看板を掲げたクリニックに行ってみれば、すんなり解決するかもしれませんよ。歯を手軽に綺麗にできるホワイトニング。その方法には、歯科に通って受けるものの他、ホームホワイトニングと呼ばれる、自家用の薬剤とマウスピースを使って行うものがあるのですが、市販されているキットの中には効果が弱いものもありますから、なかなか歯が白くならないまま終わるケースも有り得ます。また、よく言われるのが、歯科矯正を行っている最中だとホワイトニングの同時利用は困難であるともされていますが、歯科で方法を工夫することにより、矯正と同時にホワイトニングを進めることもできます。ブラケットという器具を使って歯の並びを整える歯列矯正。開始してから、器具を外すまでにどれくらいかかるかは、患者さん一人一人によって変わりますが、最短の場合でも一年、長いと三年程度はかかると思っていいでしょう。ここは完全に人によりけりですから、平均よりも早く終わったり、あるいはもっと時間が掛かる可能性も覚悟しなければなりません。大人の歯列矯正は、手間や時間が子供に比べて段違いなので、思い立ったらすぐに歯医者さんに相談するといいでしょう。気になる歯科矯正の仕方はどういうものでしょうか。矯正器具で歯に力をかけて、少しずつ歯を動かして、本来の歯並びや噛み合わせに直すという手順になります。盆栽で用いられる針金掛けという手法に似ていますね。具体的にどんな器具を用いるかといえば、基本的にはマルチブラケット、他にはホールディングアーチなどです。さらに、矯正治療が終了した後は、矯正と同じくらいの期間、リテーナー(保定装置)を付ける必要があります。綺麗な白い歯をゲットできるホワイトニングですが、効果が得られるのは自然の歯だけです。差し歯など、義歯を使用している場合は、天然の歯のように白くなるということはありません。差し歯のところだけが黄色いまま残っていると、自然な見た目にはならない可能性があります。でも、差し歯も同時に取り換えるなどして、口内全体のバランスを保つやり方は色々あるので安心してください。色のほかに歯並びも気になるので、歯科矯正も受けたいという方は、審美歯科で専門の歯科医に相談してみるといいでしょう。ヘビースモーカーであるために歯の黄ばみが気になるという人には、ホワイトニングが一つの救いになるでしょう。時間をかけずに綺麗な白い歯を取り戻すためには、まさに最良の手段です。歯が黄ばむ要因には、喫煙の他にも薬の服用など色々ありますが、歯を傷めることなく白く染められるのがメリットです。中には歯列矯正だけを受けて安心する人もいますが、肝心の歯が黄ばんだままでは綺麗な口元とは言えないでしょう。ワイヤーやブラケットを用いた歯列矯正の場合、たとえ透明なワイヤーによる方法でも、一目見れば分かってしまうというのは矯正を受ける患者さん共通の悩みでした。ですが、今はマウスピースを用いた矯正が出てきたので、矯正していることを周囲に悟られない施術を利用できるようになりました。しかも、歯磨きの際などには自由に取り外せますから、従来の課題だった衛生面も大幅に改善されており、利用できる状況が拡大すれば、歯科矯正の主流に取って代わる可能性が高いといえるでしょう。歯科医院でホワイトニングの施術を受けてから、その後の手入れはどうしたらいいのかという部分には自ずと興味が向くことでしょう。なにもホワイトニングに限った話ではなく、歯の矯正を受けた後なども、繰り返し受診することが必要です。オフィスホワイトニングは一度で効果が得られますが、それきりで終わりと思わず、その都度、次の予約を入れて、定期的に診察に通って、経過を診てもらいましょう。歯科矯正とはそもそも何でしょうか。それは、専用の器具を歯に装着して力を加え、あるべき形に歯並びを矯正していくという、時間のかかる治療です。むろん、歯に負担がかかるほどの負荷というわけではないですが、器具の装着に伴う違和感や痛み、さらに精神的な苦痛に苦しめられる場合もあるのが実情です。毎日付けていれば次第に痛みは薄れますが、いつまで経っても痛い場合は、放置せずに歯科で再診を受けることが重要です。矯正中には飲食の制限もあります。歯に力がかかる堅い食べ物などは、控えた方がいいでしょう。固くて噛み切れない肉、それに煎餅などは、矯正に悪影響を与えるので、手を出さないのが無難です。別の大敵としては餅やキャラメルなどです。歯にくっつくと、歯が矯正とは別の方向に動かされてしまうため、なるべくなら食べないようにと多くの場合は言われているようです。近頃はホワイトニングがますます人気を高めているようです。簡単な施術で、すぐに歯が白くなるというのが特に若い女性にとっては魅力的なのでしょう。とはいえ、人によっては、なかなか白くならないという場合もあります。また、白さの出方がケースバイケースだというのもホワイトニングのデメリットの一つかもしれません。歯は美人を作る一番のポイントとも言われますので、美容目的の施術に長けた、審美歯科を利用し、自分の状況や希望をしっかり伝えましょう。色の他に歯並びも気になるという人は、同時に歯科矯正を受けることもできます。患者さんの負担にならない歯科矯正が増えてきましたが、それでも気を付けなければならないのは、日々の食事後のケアや、運動時の振舞いなどです。構造上、矯正器具の隙間にどうしても食べ物が残ってしまい、歯磨きやマウスウォッシュなどによるこまめなケアを怠ると歯周病などに直結します。さらに、運動時など力を入れる際には、誰でも思わず歯を噛み締めてしまうものなので、ワイヤーやブラケットが干渉して、口の粘膜を傷付けることや、せっかく動かしている歯に別方向からの力が加わる悪影響もあります。これらの注意事項をあらかじめ歯医者さんで確認しておいてください。大人になるにつれて歯並びがますます気になるようになり、歯科矯正を決意しました。大人と子供で、矯正の方法そのものは同じだといいますが、大人は子供と比べて顎の骨が固まっていますから、長期の矯正を根気強く進めるしかないということでした。舌の位置も、今ある歯の形に慣れているわけですから、矯正と一緒に、長い時間をかけて変えていくことになります。なんにしても治療には非常に長い時間が必要になるので、歯並びが気になっている方は、少しでも早く歯医者さんに行きましょう。一人一人の状況によって変わるとはいえ、歯列矯正の施術においては長年の痛みや苦しみが必ずあると言われることが多いでしょう。ですが、矯正器具や施術の方法も徐々に進歩していますので、近頃では、痛みと無縁の矯正を受けられるケースが多くみられます。痛みが伴うという点をネックと感じていた方も、これからは安心して矯正を受けられると言えるでしょう。歯を綺麗に保つために歯科矯正やホワイトニングを受ける人が増えています。歯科に通院する回数については、歯医者さんの治療方針や、また患者さんの状況によっても差が大きいので、受診してみないとわかりません。歯や歯茎の状態、つまり虫歯や歯周病の有無などでも回数や頻度は影響を受けますから、最初に行った時に聞いておくべきでしょう。歯周病、虫歯などの病気は普通の歯科で治療を受け、美容目的の施術については審美歯科を利用するなどの手段も合わせて検討するべきでしょう。芸能人でなくても利用者が増えてきたホワイトニング。その作業は、自分の家でも手軽に行えるのが魅力の一つといえます。歯科で作ってもらった自分専用のマウスピースを使い、毎日1、2時間ほどこれを装着し、薬剤で歯を白くしていきます。歯科で型取りしたものよりフィット感は劣りますが、市販のマウスピースによるホワイトニングというのもあり、最近話題になっています。歯科で行うと2万円から5万円なのに対し、こちらは5千円から1万円でできますし、最近は各社から使いやすいアイテムが売り出されています。歯科矯正などとも合わせて行えば、美しさの大事なポイントである「口元の印象」を大幅に改善できます。歯のホワイトニングの利用を検討するとき、どこの歯医者さんに行けばいいのか、お悩みの方もいるでしょう。そんな方にアドバイスです。近頃はホワイトニングを扱う一般歯科も多くなってきましたが、歯を美しくするための施術を専門に掲げている審美歯科を利用することをお勧めします。ホワイトニングの扱いに長けていますから、着色の原因から分析して、歯を美しくすることを第一に考えた治療を行ってくれます。それ以外にも、歯を綺麗にする施術、例えば歯科矯正などを受ける際には、専門性という観点からクリニックを選ぶのがいいですね。私はここしばらく、歯のホワイトニングを重点的に行ってきました。白い歯は健康的な印象を与えると思っていたためです。しかし、それだけでは意味がありませんでした。見た目が白くなっても、段々と歯は弱くなってしまっていたのです。本来は歯茎もケアするべきなのですが、そこへ気が向かなかったのです。歯の美白ばかりを意識していたので、その傍らでどんどん歯茎は弱くなってしまい、冷たいものを口に入れると、強烈にしみてしまうので、困っています。それに、ホワイトニングだけでなく、歯科矯正もちゃんと受ければよかったと思います。ホワイトニングも万全ではありません。綺麗な白い色が出なかったり、全体が同じ色調にならず、ムラが出る場合もあるのです。口内の状況によってはホワイトニングの効果が出にくいなど、色々な理由が考えられます。しかし、その場合でも、時間をかけてホワイトニングを反復して行っていくことで、ちゃんと効果は出ます。歯列矯正の場合と同様ですが、憧れの綺麗な歯を実現するまでの時間もあくまで人によりけりというわけですね。歯の綺麗な女性は美人と言われますね。歯並びを矯正すると、多くの方が、前より美人と言われるようになるといいます。歯並びがバラバラであるよりは、整然と並んだ歯のほうが何倍も好印象になるのですね。歯並びの良し悪しはそれほど大事なことですが、さらに、歯列の矯正で美人と言われるようになる理由には、出っ歯や受け口などの解消により、顎の形が変わり、顔の輪郭が綺麗になったとの話もあり、メリットは大きいといえます。整った歯並びであれば外見が整って見えるだけでなく第一印象も良いですよね。ですから、生涯の歯並びを考えるなら、幼い時から矯正で口元を整えるのが良いでしょう。歯が抜ける前の乳歯の時に歯列を矯正しましょう。そうすれば、おとなの歯に生え変わった時に整った歯列を保つことが出来ます。整った歯列は歯磨きも楽ですから、自分の歯を長く大事にするためにも小さい頃から歯科矯正して口ものと整えておくことがおススメです。顔の容姿は誰もが気にすることですが、特に骨格のゆがみなどは、実は、歯並びの悪さが原因になっている場合が往々にしてあります。出っ歯、受け口などの不正咬合のケースでは、矯正を経て、歯並びのみならず顔の形まで改善されるという利点もあるのです。矯正を受ければ、食べ物のかみ合わせもよくなりますし、運動の際など、力を入れるために歯を食いしばることが無理なく行えるようになりますので、日常の所作が自然になります。矯正器具を付けている間は、自分でもわかるほど口臭がひどくなることは実際にあるようです。原因は、矯正器具の隙間に食べかすが残ってしまうことです。矯正期間中だけのものなので、それほど気にしなくていいとも思えますが、それで周囲に悪印象を与えては損ですね。矯正器具を付けている間は、食事ごとの丁寧な歯磨きをしておくことをお勧めします。ホワイトニングの施術を進めていく上で、「天敵」と言えるのが喫煙です。特に、自宅で行うホームホワイトニングのように、ホワイトニングを徐々に進めていくタイプのやり方なら、毎日コツコツと処置を続けている意味がないということにもなります。なので、ホワイトニングを進めている最中は、タバコを遠ざけておくことはくれぐれも心掛けてください。また、歯科医院に通って歯列矯正を行っているというときも、同じく禁煙しなければなりません。歯並びの矯正にはマウスピースを装着するタイプのものもありますが、その強みは、矯正器具を使ったものと比較すると目立ちにくいということが挙げられるでしょう。マウスピースを装着しているかは人から見て分かりにくいですし、歯科医の計画によって装着時間が短いものもあります。こうしたものは、会社や学校では外しておいて、在宅時や就寝時だけつけるというのもOKなので、身内以外に知られること無く歯列を整えることが出来ますので、矯正中の口元の審美性にこだわる方には良いかもしれません。