アフターランチはハブアナップブログ

森沢と成沢

パートナーの不倫を疑って探偵業者に調査を依頼する際は、相応の支出は覚悟しておきましょう。平均的な調査料金ですが、浮気調査を例にとると、1日4万円位、それに日数を乗じた金額をみておくと良いでしょう。費用は依頼内容や調査期間によって変わりますが、何を依頼するにも数十万程度と見積もっておくと良いでしょう。探偵に調査を依頼するときには、だいたいの相場について知っていないと、普通の請求を見て驚いてしまうことでしょう。1時間1万円からと想定していると妥当だと思います。仮に尾行の日数を増やそうものなら、支払い額に確実に影響してきますから、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。中堅どころの探偵社に探偵として勤務している者です。比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。証拠を押さえるためには要所ごとの手際の良さと、3カン(感、観、勘)が要すると思います。想定外のことがたくさん起きますし、それを即座に判断して行動する応用力も必要です。対象となる人物に調査案件が知れてしまえば発注者の安全と利益を損なわないよう、用心に用心を重ねるのがプロの探偵です。探偵にパートナーの浮気調査依頼した際、相手にバレたりしないか心配になりますよね。探偵はそれを仕事にしているのですから、相手に露見するようなことは、ほとんどないと思っていいでしょう。また、意外なところでは、調査を依頼したことで依頼者の態度が普段と変わってしまい、気付かれてしまったという事例もあります。最低でも調査終了までは、何事もないような様子で過ごすことが大事です。探偵業を営むには特に資格や免許などは不問といっていいでしょう。そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて届出書を公安委員会に提出したあと、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許可を取り付けることが開業の大前提となります。営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。どの業界でもそうですが、探偵でも悪質でいい加減なところもないわけではないので、依頼しても良いかどうか評判も見て、誠実そうなところを選びましょう。例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。どのような調査でどれくらい時間と料金がかかるのか、納得いくまで説明を聞いてから契約するようにしましょう。不倫の行動追跡調査で、対象に内密に尾行や張り込みなどの調査を行い、そこで得た証拠や情報を第三者(依頼主)に報告する調査業自体、非合法になりはしないかと懸念する人は意外と多いです。探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。この法律が発効されたのは平成19年です。それ以前は個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、不当な行為を働く業者による問題を防止するべく策定され、現在に至ります。探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。それは配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、証拠をあげられないというケースもないわけではなく、興信所や探偵会社のクチコミを事前にリサーチしておく必要があるでしょう。また、探偵や相談員とよく話し合うことが結果を左右するのはいうまでもありません。調査を探偵に依頼したときは支払いがつきものです。肝心の支払方法ですが、規模の大きな会社ならクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割OKという業者もあります。すぐにでも浮気調査をしてほしいのに一括で払うのは難しいというときは、このような精算方法に対応している業者に依頼すると機会を逃さなくて良いですね。そうしょっちゅうあることではありませんが、浮気調査で探偵を利用した際、支払いでひと悶着あったという人もいるみたいいです。あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで高額なオプションが付加されたり、途中で契約解除を申し入れると、違約金を請求されることもあるのです。やはり、契約前にきちんとチェックしておいたほうが良いでしょう。料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、新しく業者を見つければいいのです。浮気調査で探偵社を使うときは、多少細かいようでも、交遊関係や時間的な行動についてなどを話しておくほうが、調査しやすく費用も抑えられます。わかっていることまで探偵に調べさせると、不倫の裏付けをとるために時間と手間がかかり、それが費用に反映されてしまうのです。隣にいれば自然と気付くことも大いにあるはずですし、よく観察して記録できるところは記録しておくと今後の大きな助けになるでしょう。パートナーが浮気をしている気配があって新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、一律いくらとか安価なところは魅力的です。とはいえ、安すぎるところは安易に契約を結ぶべきではありません。安いけれど調査品質もそれなりだったという例もあるわけですし、お金を払って依頼するなら、その会社の信頼性も調べておくと良いでしょう。探偵業者に欠かせない技量というのは、企業としての規模によるところも大きいでしょう。全国各地を営業エリアとしているところは、最先端の機材や捜査手法の研究に努めており、その点ではけして他社に劣らないというメリットがあります。大手業者は仕事の品質を維持向上させるため、探偵や内勤職員のトレーニングや精度アップに熱心であり、そういう点が調査成果や報告書の精度にも表れてくると思います。探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることはほぼ同一です。離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、第三者にも浮気が分かるような証拠がどうしても必要です。もっとも、素人が考えるほど証拠取りは簡単なものではありませんし、そっちのプロである興信所や探偵事務所に依頼すれば、離婚時の精神的な負担や時間を軽減してくれます。離婚だけでなく慰謝料を要求するときだって効果を発揮します。探偵も企業である以上、調査を依頼するときは代金が必要になります。それに、依頼する調査の内容次第で見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。素行調査ひとつとっても、ある程度まとまった時間を要します。期間、季節、時間帯などによっても料金に差異が出てきますので、所要時間が多ければ、必然的に費用は多くなります。会社規模が大きければ大きいほど100パーセント素晴らしいとは言いませんが、探偵業界では大手業者に依頼すると間違いが少ないです。小規模な調査会社の中には調査も満足に行わないうちに見積りと全然違う料金を請求してきたり、費用の説明が不十分なところもあるからです。また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、依頼するかどうかの判断材料になるでしょう。探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのは不倫(の疑い)の素行調査です。奥様の第六感的にあやしいから、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。特に、不倫の相手方に慰謝料を請求するときは、証拠が明白であることが大事ですし、その道のプロを利用するのが良いでしょう。探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえばこれといってないと思って良いでしょう。調査と報告が業務であるという点はどちらも共通しています。浮気の追跡調査などを依頼する際は、同じものと思っていただいて支障はありません。もっともジャンルごとの得手、不得手は、事業者ごとに特徴があるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、相手と近い関係であるほど尾行自体がバレやすく、さらには感情に任せてトラブルになる可能性も想定しておかなければいけません。探偵社に頼めば、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、自分や知人などが調査するより確実に浮気の裏付けがとれるというものです。調査がバレてしまっては元も子もないのですから。探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。詳しい話をきいてみるつもりで営業所を訪れたのに、過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは注意したほうがよいでしょう。相談後、再々電話を繰り返し、相談者の根負けを狙うのは、悪徳業者にはよくあることです。しっかりした探偵社なら、人を不安にさせるようなことはしないはずです。探偵業者に依頼する際に無視してはならないのは、総コストではないでしょうか。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって増減はあるので、定価というものは存在しません。不倫や親子関連の行動調査などでしたら、1時間前後の調査を依頼したときの中央値は、2万円程度とされています。実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、プロに相談して見積もってもらうのが一番でしょう。2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。探偵業といえど競争があるのは事実で、超リーズナブルなコストテーブルや浮気調査なら一律いくらなどと謳う業者も増えているようです。しかし、均一でも料金に含まれない場合は別途追加というケースもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、もしそこに依頼するなら、調査内容や料金の詳細を説明してもらい、最終的に割高だった!なんて結果を招かないよう気をつけるようにしましょう。不倫の調査を探偵にしてもらうと、ときどきオプション料金が発生することがあります。契約書を見てみると、まともな会社であれば、別料金を含む料金の算定方法が書かれています。このことからも、契約書をよく確認しなければいけません。また、不明なことがあるのなら、依頼前に質問して、解消しておくのも重要ではないでしょうか。過去には安い探偵というのは使い物にならないと言われていた時期もあります。手抜きをしたってお客にはわからないからです。でも、今は違います。インターネットが普及し、劣悪な業者かどうかもユーザーレビューなどである程度判断がつくのです。代金をケチって肝心の調査がダメでは元も子もありませんし、高いわりに調査がイマイチな会社へ不倫調査を頼んでもお金を溝に捨てるようなものですから、品質と料金が釣り合ったところを見つける手間を惜しまないことが大切です。探偵を雇うには、個人探偵ではなく法人(企業)に申し込むのが現実的ですし、効率も良いでしょう。良い仕事と納得できる料金の業者を見つけるために、少し手間をかけても複数の会社を比較することが大事だと思います。とりあえず料金体系や業界相場あたりは理解しておきたいですね。高額な請求をしてくる悪どい会社から身を守る予防線のようなものです。一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。人気や評判を元に選ぶと失敗が少ないです。インターネットで検索してみると探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを見ることができると思います。居住地の近辺で評判の良い会社を選び、依頼すれば、他より質の高い仕事をしてくれて、不倫の証拠収集も期待できるはずです。不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは無視することができないファクターでしょう。最近の探偵社の多くが、相談までは無料というシステムをとっており、見積もりなしに契約することはないので安心です。見知らぬ会社に一人で行って、もし悪質な業者だったらと不安に思う人もいるかもしれません。それなら、いきなり向こうの会社に行くのではなく、人の出入りが多いファミレスやカフェで相談すると良いのではないでしょうか。不本意な契約から身を守るための手段です。探偵を頼んで調査してもらう際は、前もって企業情報や利用者の評価などを調べることが必要不可欠ではないでしょうか。悪質なところだと、見積り時の説明が不十分だったり、手抜き調査や報告書作成ミスなども見られます。定評のある会社を選べば、法外な代金をとられることはないでしょうし、何より、良い仕事をしてくれると思います。武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、不貞行為の調査などで成果をあげるには、相応の能力や習熟が必要でしょう。ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になると調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもあるという話ですし、注意が必要です。価格に見合った技能を持った探偵に仕事してもらうことが結果に繋がり、ストレスも最小で済むのです。結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が探偵に調査してもらうという話は小説でもドラマでもしばしば見かけたりします。話に出てくる探偵というのは単純で、自分でもできるような気がしてしまいますが、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう後を追って、証拠になる写真まで撮ってくるのは初心者には到底無理です。調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。